お盆期間中も【査定・買取】いたします!

今年もお盆に突入致しました。

皆様、どのようにお過ごしになられますでしょうか?

ご実家にお帰りになる方も多いと思いますが…

ご親族の集まる機会に、ご実家の整理をされる方が増えております!!

この絵はうちにはもう必要ないし、一度査定でもしてもらおうか?とお思いのお客様もいらっしゃるかと思います。

そこで、絵画の各ジャンルと高額買取のコツをお伝え致します。

1、日本画

東山魁夷緑響く

東山魁夷【緑響く】

古くは古代にまでさかのぼる日本画ですが、それぞれが制作された時代により表現方法や使用する顔料が異なります。

飛鳥時代に大陸から仏教が伝来したことにより、仏の御尊顔や曼荼羅などが描かれていました。平家滅亡後の鎌倉時代には道元らにより禅宗が伝わり、 室町時代にはきらびやかな北山文化と簡素な「わびさび」の東山文化を取り入れ、その後の安土桃山時代には 日本画は急速に発展します。

豊臣家の豪華趣味により金箔や朱を用いたものは、現在でも数多く残っており、有名な画派である狩野派の最盛期でもありました。独特な進化をとげた日本画は世界中の美術コレクターから 注目を集める人気ジャンルでもあります。

骨董品として価値の高い日本画は、状態が美しくあるべきですので、この材質や肌触りなどを劣化させないようにしましょう。紙ですが和紙も用いられることがあります。骨董品の買取でも、この和紙は保存が難しいのですが需要は高いでしょう。

墨や岩絵具などもよく使われる素材です。更に土 や箔・泥、膠、なども使用されたものがあり、作家独特の世界観を楽しめます。

現物の状態(汚れ、シミ、ホコリ、破れなどが無い)や画法も非常に重要視されます。木日本画、銅日本画、水墨画、浮世絵など。こういった種類によって大きく買取金額は変わってきます。

状態の良し悪しに加え、付属品を揃えると買取査定でプラス評価となり、買取金額が上がることもあります。

日本画の付属品といえば、額縁などです。

額や箱の有無、額の裏に書いてある共書きなど、できるだけ多くの情報をお伝えいただけますとより詳細な査定額をお知らせできます。

2、洋画

藤田嗣治窓の前の少女と猫

藤田嗣治【窓の前の少女と猫】

まず、洋画は定義が難しいジャンルです。洋画=西洋画とも言われますが。ヨーロッパで描かれたものなのか、ヨーロッパ以外で描かれたものなのかを判断するというのは非常に難しく、そういった意味で”西洋画とはこういうものだ”という定義はあいまいになっているといいます。
また、洋画に分類されるのはあくまでも紙に描かれているものということで、版画や彫刻風のものなどは省かれるのですが、色鉛筆やパステルで描かれたものも省かれるのだそうです。
それでも、著名が画家の描いたものであれば、西洋画の定義から外れていても高額の値段が付くものなのだそうです。

西洋画においては、〇〇派や質感で本物かどうかを見極める芸術品としても知られています。

画材として油絵具というのは劣化したり、曲がったり、衝撃ではがれてしまうこともありますし、湿気がひどいと剥離してしまうこともあります。
保存している西洋画は、しっかりと管理したうえで点検もしながら保存しておくのがおすすめです。

洋画も日本画同様、額や箱の有無、額の裏に書いてある共書きなど、できるだけ多くの情報をお伝えくださいませ。

3、版画

ビュッフェリアルト橋

ビュッフェ【リアルト橋】

版画の主な技法は、シルクスクリーン、リトグラフ、木版画、銅版画など。

「状態」の良し悪しは版画においても、買取金額に大きく影響するものです。

誰が作ったか、というのも重要視され、上記の版画の種類によっても査定の金額に大きく関わってきます。

版画の場合は、作家直筆のサインがあるか?エディション番号と呼ばれる(1/100など)番号の記載があるか?は大きなポイントになります。

版画も、額や箱の有無は査定額に関わってきますので、こちらも事前にお調べいただくことをお勧めいたします。

4、現代アート

草間かぼちゃ

草間彌生【かぼちゃ】

同時代性を強く求め、従来の武術や芸術の概念にとらわれない前衛的で新しい芸術表現を指します。

歴史は19世紀の画家エデュアール・マネから印象派パブロ・ピカソのキュビズムへの流れを近代美術と呼び、このときから現代美術が始まったと言われていますが、現代アートの方向性を決定付けたのはマルシェル・デュシャンであるとの説が一般的となっています。

現在アートは存命の作家が多く、作品も次々と新しいものが発表されていきます。現代ではリトグラフやシルクスクリーンなどの技法により複数の複製を作ることができ、鑑賞としては手軽な価格で手に入るため、絵画の価値も下がりつつはあります。しかし、有名作家の作品やオリジナルの作品の価値は高い位置にありますので、売るタイミングを見極めるのが大事です。

特に近年では、草間彌生さんに代表される著名な現代アーティストは価格が高騰しており、今は売り時としては良いかもしれません。

同じ作家の作品でも図柄や制作年代状態代表作か否かなどのさまざまな要因によって査定価格は異なってきます。もし、作家名や技法がお分かりにならない場合は、分かる範囲で図柄やサインの有無、傷などの状態を確認されると良いでしょう。

上記、様々な分野の絵画における共通事項として…

「コンディションが悪いと売れないと聞いたから」とご自分の判断で、絵画の修復を行ったり、額を直したりするケースが多いのですが、これはおやめ下さい。ご自分で楽しみたいから、飾りたいから、手を入れるのならいいですが、「価値を上げるため」にそうした事をやっても殆どの場合、意味がありません。手間をかけたからといって、価値が上がることは稀です。

私どもも含めて、信頼できる美術商を見つけて、そのアドバイスに従うのが良いと思われます。
査定の前に作品の写真をお送りいただく場合も、そうした添付物の状態がよくわかるよう、何枚か写真をお撮り頂けると幸いです。判断の材料としてとても重要になってまいります。

長々と失礼致しましたが、気になることがございましたら、いつでもお気軽にお問い合わせください。

では、今年も暑いお盆を有意義にお過ごし下さいませ。

pagetop