新聞広告を掲載しました

梅雨に入りましたが、暑い日が続きますね。

弊社では【美術品買取強化期間中】ということで、朝日新聞に広告を掲載いたしました。

今回は、全国の朝日新聞ご購読者を対象に、地域ごとに分けて4回掲載していただきました。関東静岡地域はカラー版、その他の地域はおなじみのモノクロ版での掲載です。

〈モノクロ版〉

新聞広告モノ

〈カラー版〉

新聞広告画像

モノクロとカラーでは、かなり印象は違いますね。デザイナーさんと数回打ち合わせして、皆様の目を引くよう試行錯誤して作りました。

ご覧いただけた方もいらっしゃるでしょうか?

さて、掲載の反響ですが、地域ごとにそれぞれ特色があり非常に興味深い結果でした。例えば、関西地方、特に京都などは掛け軸などの査定依頼が多く、関東では絵画はもちろん、中国ものや絵皿などの美術品査定が多かったですね。

中国の美術品の査定依頼をされたお客様のほとんどが、6/16(木)に放映されたNHKの「所さん!大変ですよ」の特集を見たんだけど、とおっしゃられておりました。私も偶然見ていたのですが、今、日本の骨董オークションでは中国人が中国美術品を爆買いして国に持ち帰り、さらにそれを高値で売却するというものでした。中国が国家プロジェクトとして自国の美術品を買い戻し、その額は年間で100億円以上とも言われているそうです。

最後に所さんが「中国の美術品を売ろうとしている皆さん、普通に売っちゃだめですよ。もっと高く買い取れるでしょって業者には言いましょう」と言っていましたが、苦笑いです…

でもこれを機に、中国や朝鮮ものの査定が増えれば…とひそかに期待しています。

広告も含め、もっと皆様に認知していただけるよう努力してまいります!

初めての方も、こんなもの査定できるのかな?とお考えの方も、是非お気軽にお問合せください。

pagetop