最近の買取事情〈日本編〉

金木犀の香りが一気に強くなったここ数日ですね。

この香りを独り占めするかのように、深呼吸してしまいます。共感していただける方はどのくらいいるのか、気になるところです。

先週に引続き最近の買取事情(日本編)です。

毎日たくさんのお問合せを頂戴しておりますので、なかなか絞るのは難しいのですが…

藤田 嗣治(レオナール・フジタ1886~1968)

嗣治

前回のブログでアンニュイな表情を描かせたら…と、浮かんで来たのがフジタのこの絵柄。

嗣治アンニュイ

彼はモディリアーニ、シャガールなどと並んでエコール・ド・パリを代表する画家のひとりであり、フランスでもっとも有名な日本人画家です。
日本にいた頃は文展に出しても落選ばかりでしたが、1913年に渡仏し、才能が開花!パリ画壇に一大センセーショナルを巻き起こしました。

「乳白色の白」と呼ばれる独特の肌の色・質感は、レオナール・フジタの代名詞にもなっています。(後の研究でベビーパウダーを使っていたことが分りました)

乳白色

特にヌードの評価が高く、春画のエロスをも彷彿とさせるとして、本場パリで絶賛されました。というのも当時の日本画壇は、まだ印象派を追う事しかできずにおりましたので、それらの作品とは比較にならないほど独創的でエレガントです。
サロンに作品を展示すれば黒山の人だかりを作り、サロン・ドートンヌ展の審査員にも推挙されます。
パーティーでは女装したり、着物を着て民謡を唄い、日本舞踊を舞う。お調子者の意である「フーフー(FouFou)」と呼ばれ、作品とともにプライベートでもフランス中の注目を集め「パリの寵児」となったのです。
彼の存在感がどれほど大きいものかは、最新のモード・ファッションとの結びつきを見ても明らかでしょう。
ジル・サンダーの2010春夏のコレクション、さらにクリストフ・ルメール2011の春夏コレクションも、レオナール・フジタにインスパイアされたものです。近年のお話なので、やはり『本物』は時代をも難なく超えてくるものなんですね。

藤田嗣治の影響力は日本人が思っているよりもはるかに甚大です。
しかし、日本人は最後の最後まで彼の真価を見抜けませんでした。

…彼がフランスに帰化してしまった理由がそこにあるのです。

1925年フランスからレジオン・ドヌール勲章、ベルギーからレオポルド勲章を贈られた藤田は、第二次大戦の戦禍を逃れるため日本へ帰国しますが、日本でも戦争が勃発しました。藤田は少しでも自国に貢献したいと考えていたので、与えられた「従軍画家」の仕事に従事しました。

敗戦後、画家らは従軍画家の戦争責任を糾弾しはじめます。
ヨーロッパでの成功に対する嫉妬も重なり、強い非難を受けフジタは、再度フランスへ渡り、そこで帰化します。
二度と日本の地を踏むことはありませんでした。
帰化後、カトリックの洗礼を受けてレオナール・フジタになり、フランス政府からはシュバリエ(ナイト)の称号を贈られます。日本政府から勲一等瑞宝章を贈られたのは、彼の死後の事です。

フランスに帰化してしまったフジタですが、彼の日本人としての心は彼の言葉から伝わります。

「私が日本を捨てたのではない。日本に捨てられたのだ」
「私はフランスに、どこまでも日本人として完成すべく努力したい。私は世界に日本人として生きたいと願う。それはまた、世界人として日本に生きることにもなるだろうと思う」

なんだか、殺伐とした内容になってしまいましたが、藤田の人柄が出る「猫」も「少女」もとても癒されますね。

嗣治のねこねこアイキャッチ日

お次は、日本画の大家

横山大観(1868~1958)

大観

キッチリとした日本画を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

上記の藤田とは真逆かと思いもしますが、やはり多く査定をいただいております。

それだけ皆様の心を打つ絵柄なんですね。

紅葉ワイド

「紅葉」は紅葉の朱色が鮮やかに色づいています。その朱をより美しく見せるために川面を銀色の輝きで覆っております。この輝きは薄く伸ばした金属の箔を散りばめたものだそうです。箔師の遠藤典男さんによると、蒔絵と呼ばれる技法で大観はプラチナ箔を使用していたそうです。銀箔ではなくプラチナにすることで力強さが生まれ紅葉の鮮やかさに匹敵するそうです。すごいこだわりです。

大観はこの蒔絵にとてもこだわった作家で、蒔絵を行う際、最初に撒くのが砂子。箔をふるいに掛け細かくすると砂子になり、網を張った筒に入れる。接着に使うのは膠で、その上に砂子をまんべんなくふりかける。表面が乾くと再び同じ作業を繰り返しながら絵に空気感を与える。

 砂子が終わった次に撒くのが切箔。箔の小さな各片を作ったもので、砂子と同じように網を張った筒に入れてふりかける。切箔を行うことで奥行きをもたらす効果があり、大きさを変えて何種類もふりかける。 切箔の次に行うのが野毛。幅1ミリほどに切った箔で、細さ故に撒くと折れ曲がり不規則な形で定着する。コントロールできない思いがけない形が絵に躍動感を与える。最後に大きな切箔を置きアクセントを付けることで完成させる。このように大観は蒔絵の繊細な技術を駆使し、絵に戦列な輝きと躍動感をの与えました。
師弟
 横の絵も魅力的ですが、大観はこの縦の線がとても魅力的だと思いました。竹の節の感覚に至るまで細部にわたり力強い方向性、竹の伸びやかな上への志向、しかしその指示性に強引さが見えず、伸びやかだな…と感心してしまいました。
さて、独特な力強さのある作家といえば…
棟方志功(1903~1975)
志功   志功彫る
1903年、青森に鍛冶屋の三男坊として生まれる。小学校卒業後、すぐに家業の手伝いに入ったため中学には行けなかったが、絵が大好きで、仕事を終えると毎日公園で写生に時間を費やした。
18歳の時、友人宅でゴッホの『ひまわり』が挿し絵に使われていた文芸誌『白樺』をプレゼントされた。炎のように燃え上がる黄色に、そのヒマワリの生命力と存在感に圧倒され、ゴッホになりたいと強く思った。
この誓い通り彼は油絵の道にのめり込み、21歳のとき上京した。ところが、簡単には世間に認められず、コンクールに落選する日々が続く。3年、4年と時間だけが経っていった。仲間や家族から、有名画家に子入りすることを勧められるが、彼は激しく抵抗した。
“師匠についたら、師匠以上のものを作れぬ。ゴッホも我流だった。師匠には絶対つくわけにはいかない!”彼は新しい道を模索し始めた。
そして、とうとう棟方は気付く。
“そうだ、日本にはゴッホが高く評価し、賛美を惜しまなかった木版画があるではないか!北斎、広重など、江戸の世から日本は板画の国。板画でなくてはどうにもならない、板画でなくてはわいてこない、あふれてこない命が確実に存在するはずだ!”
弁財天妃の柵 木版画
1956年(昭和31年)、ヴェネツィア・ビエンナーレに「湧然する女者達々」などを出品し、日本人として版画部門で初の国際版画大賞を受賞。1960年 病が悪化し、左目を失明。右目はド近眼。1969年(昭和44年)青森市から初代名誉市民賞を授与され、翌年には文化勲章を受章する。1975年(昭和50年)、東京にて肝臓がんのため永眠。同日付で贈従三位。
志功のお墓は青森三内霊園にあります。亡くなる前年に自分の墓の原図を描いてあり、忠実に作られた墓は、なんとゴッホの墓と全く同じ大きさ、デザインのものだった!そうです。前面には『棟方志功 チヤ』と夫婦の名を刻み、没年には永遠に生き続けるという意味を込めて「∞」(無限大)と彫り込まれているそうです。
ゴッホになりたかった志功は、ゴッホにならずに「世界に通ずる芸術家:棟方志功」になったんですね。
つらつらと書いてきましたが、共通しているのは、半端ない「熱意」に尽きるのかと…
フジタの日本への裏返しの愛情表現のような作品の数々。大観の日本人ゆえの真面目さキチッと感。志功の絵画(版画)への執着。。。
この秋に、そこまで熱意を持てるモノに出会えるでしょうか…
最近の買取事情(日本編)は上記になりますが、今後どんな流れになってくるか楽しみです!!

pagetop