美術品について

日々さまざまな美術品を扱う総合美術買取センターweb担当による、
美術品に関するお役立ち情報を中心に更新しています。

今更聞けないル・コルビュジエについて

先日、上野の国立西洋美術館が世界遺産に登録されました。

美術館の中身ではなく、「20世紀を代表する近代建築の巨匠の作品」

ということで、建物自体が登録された訳ですが…

では一体、『ル・コルビュジエ』って?ということで

今日は、簡単にコルビュジエ氏の事をご紹介致します。

≪何をしていた人ですか?≫

建築家・画家・インテリアデザイナーとして活躍していました。

≪本名ですか?≫

本名は  シャルル=エドゥアール・ジャンヌレ=グリ さんです。

※「ル・コルビュジエ」は、1920年頃 雑誌『レスプリ・ヌーヴォー』を創刊した際の

ペンネームで、祖先の名前からつけたもの。

≪いつ頃、どこで活躍した人?≫

1887年 スイス生まれです。

1907年 美術学校在学中から、住宅設計をするようになりました。

主に、ヨーロッパを中心に活躍しました。

≪どこで見られるの?≫

スイス・フランス・アルゼンチン・ベルギー・ドイツ・インドに主な建築物があります。

※現存するのは70点ほど。

≪なんで評価されているの?≫

歴史上の功績として、「鉄筋コンクリートを利用して、装飾のない平滑な壁面、

伝統ある建築様式からは、考えられない合理性をもったモダニズム建築の提唱者」

という事があげられます。

※しっくりこない方へ

当時、西洋では石積みやレンガによる『壁』が支えとなる建築が通常でした。

それをコルビュジエは、『柱・階段・スラブ』のみが主要要素とする『ドミノシステム』を

考案し、まさに現代の私たちの居心地がいい・快適(採光・間仕切りの工夫により)な空間

を構築した第一人者なのです。

という事は、現代に生まれた私たちにとって、日常にみている、暮らしている様式が

「それ」なので 『なるほど、これがすごいのか!!』とは感じにくいのかと思います。

インテリアデザイナーとしても活躍していたので数々のインテリアがあります。

(特徴として、金属やアルミニウムの素材の加工技術・機能性を重要視したもの)

では、実際にどんなにすごいかというと…

<1930年頃のフランス>

1930フランス

<1931年にコルビュジエが設計したもの>

サヴォワ邸

と、いった感じです。上の写真の中に下の建物が建っていたら…

とても同じ時代とは思えないですね。だいぶ異質な感じをうけます…

これ以外にもたくさんありますが、時代背景と比べて頂くと、面白さが広がります。

現代に繋がる建築家の多くは、いかにコルビュジエの影響を受けているかがわかりますね。

pagetop