バスキア (ジャン=ミシェル・バスキア)

作家についての紹介/履歴

pagetop
1960年ニューヨーク市ブルックリンで生まれる。
1977年地下鉄、スラム街地区の壁などにスプレーペインティングを始める。
1978年キース・へリング、バーバラ・クルーガーの助手でニューヨークで個展を開催する。
1979年セモイ(SAMO)と名乗り、バンド活動をする。
1981年グループ展に出品した作品が2000ドルで売れた。
1983年アンディ・ウォーホルと知り合い、共同で作品制作をし始める。
1987年アンディ・ウォーホルが亡くなるまで互いに刺激しあう関係だった。しかし、バスキアは、徐々に薬物依存症になり、妄想癖が見られるようになった。
1988年薬物過剰摂取により27歳で死去。
1996年バスキアの生涯を題材にした映画「バスキア」がアメリカで映画化され、死後もその生涯と作品は注目を集めた。