呉冠中 (ゴカンチュウ)

作家についての紹介/履歴

1919年江蘇省に生まれる。
1942年国立芸術専科学校を卒業。のち国費留学生となり、フランスに留学する。 西洋美術の中でも特に現代洋画に興味を持ち、パリのフランス国立美術学校で油絵を学ぶ。
1950年冬に帰国。パリで学んだ西洋絵画を基礎とし、潘天寿氏にも国画を学んだ。 帰国後、油絵の民族化を主に探索し、水墨による国画の現代化と、東洋と西洋を結びつけた新しい作風の研究に専念する。
1952年主に人物画を描き、その後風景画を描くようになった。
1964年専ら風景画のみを描く。
2010年逝去
pagetop