竹内栖鳳 (タケウチセイホウ)

作家についての紹介/履歴

1864年京都御池通油小路に生まれる。
明治14年四条派の幸野楳嶺の画塾に入門、棲鳳の雅号を受ける。
明治15年第1回内国絵画共進会で「雁に双鶴」「瀑布」が入選。
明治17年第2回内国絵画共進会に「山水」「花鳥」で褒状を受けたのをはじめ、多くの内外博覧会や共進会で受賞して、京都青年画家の花形となった。
明治33年渡欧、西洋の美術を吸収し、翌年帰国して号を栖鳳と改めた。
明治40年第1回文展に審査員となり、以後第12回展までその任に当たったが、その間大正2年に帝室技芸員、8年に帝国美術院会員に推挙された。
明治42年~大正13年まで京都市立絵画専門学校教授をつとめた。
昭和12年第1回文化勲章受章者となったほか、フランス勲章、ハンガリー再興美術賞、ドイツゲーテ名誉賞を受けた。
昭和17年湯河原の別荘で死去。享年78才。
pagetop