板谷波山 (イタヤハザン)

作家についての紹介/履歴

1872年茨城県真壁郡に生まれる。
1889年東京美術学校(現・東京芸術大学)彫刻科に入学し、岡倉覚三(天心)、高村光雲らの指導を受けた。
1896年金沢の石川県工業学校に彫刻科の主任教諭として採用され、陶芸の指導をするようになる。
1906年東京府北豊島郡滝野川村(現・東京都北区田端)に移り初窯を焼き上げ好成績を得た。
1908年日本美術協会展における受賞以来、数々の賞を受賞し、1917年日本美術協会展では、1等賞金牌を受賞
1929年帝国美術院会員、1934年には帝室技芸員となる。
1953年陶芸家として初めて文化勲章を受章。
1960年重要無形文化財保持者の候補となるが、辞退する。
1963年工房のある田端にて生涯を終えた。
pagetop