エミール=ガレ (エミール=ガレ)

作家についての紹介/履歴

1846年フランスロレーヌ地方ナンシーに生まれる。
1865年ドイツに留学しつつ、ガラス工場にてガラス製造の技術を習得。
1870年普仏戦争がはじまり、義勇軍志願する。敗戦し退役後、父についてイギリスを訪問し、サウス・ケンジントン美術館を見学した。
1878年パリ万博で、独自に開発した月光色グラス(酸化コバルトによって淡青色に発色させた素地)や陶器を出品し、銅賞を受賞。
1884年数々の展示会に出品し、色々な賞を受賞。
1889年パリ万博に大量の作品を出品し、装飾工芸家として国際的な評価を得る。
1901年「エコール・ド・ナンシー」の会長に就任。
1904年白血病にて死去。
pagetop