セラマノ・シャルル=フェルナンデス (セラマノ・シャルル=フェルナンデス)

作家についての紹介/履歴

1829年ベルギーのティエルトに生まれる。
     シャルル・ジャックに師事し、ある期間は助手も務めて、ジャックの影響を強く受けた。
     主に羊飼いと羊の群れや、羊小屋の内部などを描き、その柔らかい筆遣いで、細部まで精緻に描き込まれた作風は美術蒐集家の人気を得た。またバルビゾン村周辺やフォンテーヌブローの森の中の風景も数多く描き、風景画家としても良く知られた存在であった。
1869年バルビゾンに移住し、以後亡くなるまでの40年間、羊や森の風景を題材とした作品を描き続ける。
     セラマノが活躍した時期は印象主義とほぼ同時代であるが、彼は当時としては古典的な画風を写実主義者として貫いた。
     バルビゾンにて死去 。
pagetop