アントワーヌ・ブールデル (アントワーヌ・ブールデル)

作家についての紹介/履歴

1861年フランス タルヌ=エ=ガロンヌに生まれる。
1874年木版工になる為に学校を辞める。その後、モントーバンでアングル美術館の創設者に絵画を学び、トゥールーズの美術学校で彫刻を学んだ。
1885年パリのエコール・デ・ボザールの奨学生となった。 
1888年最初のベートーベン像を作成した。この作品において、特徴の強調・幾何学・構築と発明の精神などを表現している。
1893年ブールデルはロダンのアシスタントとなる。ブールデルは先生としても人気があり、多くの優れた芸術家が彼のクラスから生まれた。
晩年度か記念碑作成の依頼を受け、パリのサロン・ド・テュイルリーの創設者兼副社長となった。また、1924年にはレジオンドヌール勲章も受けている。
1929年パリ近郊のル・ヴェジネで死亡。
pagetop