オーギュスト・ロダン (オーギュスト・ロダン)

作家についての紹介/履歴

1840年フランス パリに生まれる。
1854年プティット・エコール(小さな学校)と呼ばれる工芸学校に入校した。
     学業継続を望んでエコール・ボザール(グラン・エコール)に入学を志願し、塑像を提出し続けたが入学を拒否された。これには非常に大きな挫折を味わった。
1863年姉マリアの死。ショックを受けたロダンは、修道士見習いとなるが、不向きだとされ美術の道へ。
1864年生涯の妻となる裁縫職人のローズと知り合い、動物彫刻の大家であったアントワーヌ=ルイ・バリーに弟子入りする。
1870年戦火を逃れ、職を求めてベルギーへ移住。
1875年念願のイタリア旅行へ。ドナテッロとミケランジェロの彫刻に多大な影響を受けた。
     『青銅時代』を製作、十数年ぶりに彫刻家として活動を開始した。ところがそのあまりのリアルさのために「実際の人間から型を取ったのではないか」との疑いをかけられ、憤慨したロダンは2年後に人間よりもかなり大き目のサイズの彫刻を新たに作る。それが、賞賛の言葉を得、ロダンの名は一気にフランス中に広まった
1880年国立美術館を建てる為のモニュメント作成依頼がくる。が1888年 美術館建設計画は白紙に戻る。その時、ロダンが準備していたのは『地獄の門』である。
1889年『地獄の門』を覗き込む男を一つの彫刻として発表した。これが、『考える人』でる。
1917年ロダンは死期の迫ったローズと遂に結婚の手続きをした。ロダン77歳、ローズ73歳であった。その16日後にローズは死去し、更に9ヵ月後の11月17日にロダンも死去した。結局『地獄の門』は未完に終わった。
pagetop