鴻池朋子 (コウノイケトモコ)

作家についての紹介/履歴

1960年秋田県秋田市で育つ。
1985年東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業。
1998年社会の境界に生息する森羅万象の物語を、絵画、彫刻、陶芸、映像、絵本などの様々なメディアを駆使した壮大なインスタレーションで表現し、国内外で高い評価を得る。
2012年東山魁夷記念 日経日本画大賞受賞。
2013年東北における活動「美術館ロッジ」(秋田県森吉山)、「物語るテーブルランナー」(北秋田市、青森市他)のプロジェクトを始動。
2015年神奈川県民ホールギャラリーにおける個展「根源的暴力」では東日本大震災後のアーティストのありかたを表明。
pagetop