ロイヤル・ドルトン (ロイヤル・ドルトン)

作家についての紹介/履歴

1815年ジョン・ドルトンがジョン・ワットの共同出資を受けてロンドンのランベスで創業。
     2代目ヘンリー・ドルトンの代になり、蒸気機関を取り入れ生産効率を高め、排水設備や衛生用品を製品化し、ロンドンの都市化に大きく貢献するとともに、企業として大成功を収めた。
1877年バースレムに窯を移し、ボーンチャイナを導入し、芸術的テーブルウェアを創造していくこととなる。
1887年ヘンリーはヴィクトリア女王より陶磁器界では初めてのナイトの称号を与えられる。
1901年エドワード7世よりロイヤルの称号を与えられた。
現在世界中の大人気ベストセラー「ハドンホール」を持つミントン、世界最大数の生産量を誇る「オールドカントリーローズ」を持つロイヤルアルバート、イギリス陶磁器最高の「ロイヤル」と「クラウン」の称号を持つロイヤルクラウンダービーを傘下におさめる世界最大の陶磁器メーカーとなる。
pagetop