千住 博 (センジュ ヒロシ)

作家についての紹介/履歴

1958年東京都で生まれる。
1982年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻を卒業する。
1984年同大学院修士課程修了する。修了制作を東京藝術大学が買上。
1987年同大学院後期博士課程修了する。修了制作を東京大学を買上。
1995年第46回ヴェネツィア・ビエンナーレにて東洋人として初の名誉賞を受賞する。
2006年第6回光州ビエンナーレに出品する。
2007年フィラデルフィア「松風荘」の襖絵を制作する。
2009年ベネッセアートサイト直島石橋プロジェクト 母屋公開する。
2010年APEC JAPAN 2010首脳会議にて、現代日本画による会場構成を担当する。
2011年第5回成都ビエンナーレ出品。軽井沢に「千住博美術館」を設立。
2013年大徳寺聚光院(本院、別院)襖絵を完成させる。
2015年グリマーニ宮殿・ヴェネツィア(イタリア) にて「Frontiers Re-imagined」展にて出品。

買取実績

  • ウォーターフォール#11
    2017.01.02
  • ウォーターフォール
    2016.12.15
  • フォーリングカラー
    2016.04.06
pagetop