伊藤小坡 (イトウ ショウハ)

作家についての紹介/履歴

1877年三重県宇治山田の猿田彦神社宮司宇治土公貞幹の長女として生まれる。
1895年この頃より伊勢の磯部百鱗 (いそべひゃくりん) に師事。
1898年京都へ出て、百鱗の紹介で森川曽文 (もりかわそぶん) に師事。
1900年谷口香に師事。
1903年第5回内国勧業博覧会に【伊賀の局】を出品。
1915年第9回文展【製作の前】三等賞。
1917年皇后陛下の御前で揮毫 。
1921年第3回帝展【琵琶記】入選。
1922年日仏交換美術展の出品作品【琵琶記】がフランス政府の買い上げとなる。
1928年竹内栖鳳 の竹杖会に入る。
第9回帝展【秋草と宮仕へせる。女達】入選。
1931年第12回帝展【春日詣】入選無鑑査となる。
1940年紀元2600年奉祝展に【山内一豊の妻】を出品。
1942年第5回新文展【乳人浅岡】出品無鑑査となる。
1951年日本現代美術展に【厳島詣】を招待出品 。
1958年歴史風俗展【鶴ケ岡の舞】招待。
1968年逝去。享年60歳。
1996年三重県伊勢市宇治蒲田に「猿田彦神社小坡美術館」が開館。
pagetop