入江波光 (イリエ ハコウ)

作家についての紹介/履歴

1886年京都市上京区で生まれる。
1913年京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校研究科を修了。
1918年母校絵画専門学校の助教授に就任し古画の模写にあたる。この年国画創作協会展に『降魔』を出品して国画賞を受賞、翌年同人に推された。
1922年京都府の命で菊池契月らとともに外遊。
1928年国画創作協会日本画部解散後は画壇を離れ、後進の育成と再び模写に打ち込む。
1939年以降 法隆寺金堂壁画の模写に従事する。
1948年胃癌のため死去。
pagetop