岩澤重夫 (イワサワ シゲオ)

作家についての紹介/履歴

1927年大分県日田市で生まれる。
1945年県立日田中学(旧制)卒業。
1947年京都市立美術専門学校入学。
1951年第7回日展に出品した「芥子」が入選。(以後連続)
1954年東丘社に入塾、堂本印象に師事。
1957年関西総合展で「漁村」が第1席。
1960年第3回新日展で「堰」が特選・白寿賞。
1961年第4回新日展で「晨暉」が特選・白寿賞と連続受賞。
1968年第11回新日展で「昇る太陽」が菊華賞。
1985年改組第17回日展で「氣」が文部大臣賞を得る。
「 古都追想(西安)」により第8回山種美術館賞を受賞
1975年大分で個展開催。
1976・84年東京・京都・大分で個展開催。
1986年東京・京都で素描展開催。
1990年東京・名古屋・京都・大分で回顧展〈現代日本画の俊英・岩澤重夫展〉開催。
1975年紺綬褒章受章。
1979年日田市特別功労賞受賞。
1990年京都文化功労賞受賞。
1992年第5回MOA岡田茂吉賞大賞を受賞。
1993年「渓韻」により日本芸術院賞を受賞。
1994年京都市文化功労賞受賞。
2001年日展常務理事就任。
2002年勲三等瑞宝章受章。
2009年逝去。文化功労者。
pagetop