上村敦之 (ウエムラ アツシ)

作家についての紹介/履歴

1933年京都市中京区で生まれる。祖母は上村松園、父は上村松篁。
1953年京都市立美術大学日本画科に入学する。
1956年新制作協会日本画部春季展に「葉陰」「刈田」を出品、初入選する。
第20回新制作協会展に「水」を出品、初入選する。
1957年京都市立美術大学日本画科を卒業、専攻科に進学する。
卒業制作は「鴫A」「鴫B」、美大作品展に出品して第一席(学校買い上げ)となる。
1959年京都市立美術大学(現京都市立芸術大学)専攻科を修了する。
1961年京都市立美術大学助手となる。
1966年京都府日本画総合展に「熱国月明」を出品、京都府買い上げとなる。
1968年新制作協会第32回展に「緋縅綬鶏」「火鶏」を出品、新作家賞を受賞、新制作協会会友となる。
1972年京都市立美術大学助手となる。この年から画号<淳之>を用いる。
1978年第5回創画展に「晨1」「晨2」(双幅)を出品、創画会賞を受賞し、文化庁買い上げとなる。
1980年第7回創画展に「雁(月明)」「雁(雪中)」を出品、創画会賞を受賞する。
1981年上村淳之展が京都府立文化芸術会館で開催される。創画会会員となる。
1984年京都市立芸術大学教授となる。京都画壇日本画秀作展出品。
1992年京都府文化功労賞受賞。
1993年上村松篁、淳之自選展がパリ三越エトワールで開催される。
1994年上村家三代の作品を所蔵、展観する。松伯美術館が開館、館長となる。
1995年日本芸術院賞受賞対象作品「贋金」(創画展出品作品)
1999年京都市立芸術大学を退任、京都市立芸術大学副学長となる。
2002年日本芸術院賞会員となる。
2003年古希記念「上村淳之展」(読売新聞社主催)が高島屋各店(大阪、東京、横浜、いよてつ、京都)で巡回開催される。
2005年京都市立学校歴史博物館館長となる。
2006年社団法人創画会理事長となる。
2007年パリで「上村淳之展」(朝靄の鳥)が開催される。
2008年高島屋美術部創設百周年記念「上村淳之展」が高島屋各店で巡回開催される。
pagetop