上村松園 (ウエムラ ショウエン)

作家についての紹介/履歴

1875年京都市四条御幸町で生まれる。
1887年京都府画学校に入学。
1890年3回内国勧業博覧会に《四季美人図》出品、イギリスのコンノート公買上となる。
1893年松年の許可を得て幸野楳嶺に師事2年後、楳嶺没する。竹内栖鳳に入門。
1895年竹内栖鳳に師事。
1900年第9回日本絵画協会・第4回日本美術院連合絵画共進会に「花ざかり」出品銀牌を受け、画壇での地位を固める。
1902年長男(後の上村松篁)生まれる。
1916年第10回文部省美術展覧会(通称文展)に「月触の宵」を出品文展永久無鑑査となる。
1940年ニューヨーク万国博覧会に「鼓の音」を出品。
1941年帝国芸術院会員となる。
1943年新文展審査員となる。
1943年帝室技芸員となる。
1946年日展審査員になる。
1948年女性として初めて文化勲章を受章。
1949年逝去。享年74歳。
pagetop