上村松篁 (ウエムラ ショウコウ)

作家についての紹介/履歴

1902年京都市中京区で生まれる。母は上村松園。
1920年京都市立美術工芸学校絵画科卒業。 第3回帝展に「閑庭迎秋」を初出品、初入選 。
1924年京都市立絵画専門学校卒業、研究科に進む。
1928年第9回帝展に「蓮池群鴛図」を出品、特選となる。
1930年京都市立絵画専門学校研究科を修了する。
1933年長男淳(淳之)生まれる。帝展推薦となり、無鑑査となる。
1947年日展審査員に選ぱれる。
1948年日本画の在野団体、創造美術を結成する。
1959年「星五位」(昭和33年)に芸術選奨文部 大臣賞が授与される。
1967年「樹下幽禽」(昭和41年)に対して日本芸術院賞が授与される。
1970年「画業50年記念上村松篁展」開催 。
1972年京都市の文化功労者として顕彰される。
1973年京都府より美術工芸功労者顕彰勲三等端宝章を受章。
1975年「松園生誕100年記念、上村松園・松篁・淳之三代展」(朝日新聞社主催)が開催される。
1981年「彩管60年上村松篁自選展」(朝日新聞社主催)が開催される。日本芸術院会員となる。
1983年京都市美術館で「上村松篁回顧展」が開催される。文化功労者として顕彰される。
1984年京都市名誉市民となる。文化勲章を受章する。
1994年上村松園・松篁・淳之の作品を収蔵する。松柏美術館が奈良市に開館。
2000年逝去。享年98歳。

買取実績

  • 丹頂
    2016.10.04
pagetop