小倉遊亀 (オグラ ユキ)

作家についての紹介/履歴

1895年滋賀県大津市で生まれる。
1913年県立大津高等女学校卒業、奈良女子高等師範学校に入学。
1917年奈良女子高等師範学校(現奈良女子大学)を総代で卒業。
1920年横浜の捜眞女子校講師となる。安田靫彦に入門を許される。
1926年第13回院展「胡瓜」初入選、以後連続入選を果たす。
1932年奥村土牛と共に日本美術院の同人に推挙、女性初の同人となる。
1951年「小女」(東京国立近代美術館蔵)により、第8回毎日美術賞受賞。
1954年「O夫人坐像」(東京国立近代美術館蔵)により、第4回上村松園賞受賞。
1955年「裸婦」(第三十九回院展出品)が芸能選奨美術部門文部大臣賞受賞。
1957年「少女」(第四十一回院展出品)が第八回毎日芸術賞受賞。
1962年「母子」(第四十六回院展出品)が第十八回日本芸術賞受賞。
1973年勲三等瑞宝章受章。
1975年神奈川文化賞受賞。
1976年日本芸術院会員に任命される。
1978年日本美術院理事に就任文化功労者として顕彰される。
1980年文化勲章受章。
1981年大津市名誉市民となる。
1990年日本美術院理事長に就任。
1996年日本美術院名誉理事長に就任。
2000年逝去。享年105歳。従三位に叙せられる。
pagetop