小野竹喬 (オノ チッキョウ)

作家についての紹介/履歴

1889年岡山県笠岡市で生まれる。
1903年京都に上り竹内栖鳳に師事。
1905年栖鳳宅の寄宿生となり「竹橋(ちっきょう)」の雅号をもらう。
1909年京都市立絵画専門学校別科に入学。
1916年第10回文展に《島二作(しまにさく)》が特選。
1921年土田麦僊らとともに渡欧、パリにて越年。
1922年イタリア、スペイン、イギリスを訪れる。
1923年雅号を「竹喬」と改める。
1928年第7回国展に《冬日帖(とうじつちょう)》を出品。
1929年帝国美術院推薦となる。
1936年新文展審査員に任命される。
1947年京都市美術専門学校教授に就任。日本芸術院会員に任命される。
1950年京都市立美術大学教授に就任。
1938年社団法人日展の発足にあたり、常務理事となる。
1966年笠岡市名誉市民となる。
1968年文化功労者として顕彰される。
1976年文化勲章を受章。
1979年逝去。享年89歳。
pagetop