小茂田青樹 (オモダ セイジュ)

作家についての紹介/履歴

1891年埼玉県で生まれる。
1896年叔父の小茂田家を相続、通称を茂とする。
1908年松本楓湖の安雅堂画塾に入門。同時に速水御舟も入門した。
1911年第11回巽画会展に入選する。
1914年日本美術院の再興に参加し、今村紫紅の赤曜会にも加わる。この時から号を青樹とする。
1915年再興第2回院展に入選。
1921年第8回院展に『出雲江角港』を出品し、日本美術院同人に推挙される。
1929年杉立社(さんりつしゃ)を設立帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)教授となる。
1931年第18回院展に『虫魚画巻』を発表する。
1933年逝去。享年41歳。
pagetop