鏑木清方 (カブラキ キヨカタ)

作家についての紹介/履歴

1878年東京都で生まれる。
1891年水野年方に師事1893年に「清方」の号を受ける。
1901年烏合会を結成泉鏡花本の挿絵を描く。
1909年第3回文展にて初入選。
1916年吉川霊華、結城素明、平福百穂、松岡映丘 と金鈴社を結成。
1917年第11回文展で『 黒髪 』が特選。
1927年第8回帝展出品の『 築地明石町 』が帝国美術院賞を受賞。
1929年帝国美術院会員となる。
1930年三越美術部人選による。「七絃会」の同人になる。
1954年文化勲章受章。
1972年逝去。享年94歳。
pagetop