加山又造 (カヤマ マタゾウ)

作家についての紹介/履歴

1927年京都市で生まれる。
1944年東京美術学校(現東京藝術大学)日本画科に入学する。
1949年東京美術学校日本画科を卒業、山本丘人に師事する。
1950年第2回春季創造展に《動物園》《自画像》が初入選し、研究会賞を受賞する。
1951年創造美術と新制作派協会が合同して発足した「新制作協会」の協友に推挙される。
1954年新制作協会の7人の画家達とグループ「ひこばゆ」を結成する。
1958年第2回グッゲンハイム賞国際美術展に出品する。
1959年石本正、加山又造、横山操を会員とする。「轟会」が発足する。
1960年「日本画の新世代」展(東京国立近代美術館)に出品する。リトグラフを初制作する。
1961年ジャネット・ネスラー画廊(ニューヨーク)で個展を開催する。
1964年多摩美術大学非常勤講師となる。
1966年多摩美術大学日本画科教授となる。
1973年多摩美術大学教授を辞任する。
1974年創画会に参加する。
1977年多摩美術大学日本画家教授に再び就任する。
1984年身延山久遠寺本堂天井画を完成させる。
1988年多摩美術大学教授を辞任し特別講師となる。と同時に東京藝術大学美術学部教授となる。
1995年東京藝術大学美術学部日本画科教授を定年退官し、名誉教授となる。
1997年京都 天竜寺法堂の《雲龍図》が完成する。文化功労者として顕彰される。
2003年文化勲章を受章する。
2004年逝去。享年76歳。

買取実績

  • 2016.04.11
pagetop