工藤甲人 (クドウ コウジン)

作家についての紹介/履歴

1915年青森県弘前市で生まれる。
1934年19歳の時に画家を志して上京。
1935年川端画学校日本画科に学ぶ。
1939年第2回新美術人展で「樹夜」が受賞。
1950年第3回創造美術展に「蓮」を出品。
1956年第20回新制作展で「冬の樹木」「樹木のうた」が新作家賞を受賞。
1963年第7回日本国際美術展で「枯葉」が神奈川県立近代美術館賞(同館収蔵)を受賞。
1971年東京芸術大学助教授となる。青森県褒賞受賞。
1979年弘前市県外在住文化功労者表彰。
1982年東京芸術大学陳列館で同大学退官記念展開催第1回美術文化振興協会賞を受賞。
1988年沖縄県立芸術大学客員教授芸術選奨文部大臣賞、神奈川文化賞受賞。
1989年勲四等旭日小緩章受章、弘前市県外功労者表彰。
1992年毎日芸術賞を受賞。
2011年逝去。享年95歳。
pagetop