小林古径 (コバヤシ コケイ)

作家についての紹介/履歴

1883年新潟県で生まれる。
1894年青木香葩に学び「秋香」の号を授かる。
1899年梶田半古に師事し「古径」の号を授かる。
1900年第8回共進会で三等褒状、第9回共進会で一等褒状を受賞する。
1901年第10回共進会で二等褒状、第11回共進会で一等褒状を受賞する。
1902年第12回共進会で一等褒状、第13回共進会で二等褒状を受賞する。
1907年巽画会会員となる。
1914年日本美術院同人に推挙される。
1918年日本美術院評議員となる。
1922年前田青邨とともに渡欧する。
1935年帝国美術院会員となる。
1940年紀元2600年奉祝展委員を務める。
1941年日満美術展のために満州へ渡る。
1944年東京美術学校教授に就任する。
1949年東京藝術大学教授となる。
1950年文化勲章を受章。
1951年文化功労者となる。
1957年逝去。享年74歳。従三位勲二等旭日重光章を追贈される。
pagetop