杉山 寧 (スギヤマ ヤスシ)

作家についての紹介/履歴

1909年東京都で生まれる。
1928年東京美術学校(現在の東京芸術大学美術学部)に入学する。
山本丘人、高山辰雄らと「瑠爽画社(るそうがしゃ)」を結成。日本画の革新をめざす運動に携わる。
1929年帝展に出品する。
1931年美校日本画科を卒業し、結城素明に師事する。
1934年第1回日独交換留学生に選ばれ、ベルリン大学に学ぶ。
1943年朝鮮満洲支那へ取材旅行。その後は病のために長く創作活動が止まる。
1947年日展にて特選を受賞する。
1950年日展審査員となる。
1951年「エウロペ」を日展に出展する。
1957年日本芸術院賞を受賞する。
1958年日展評議員となる。
1970年日本芸術院会員となる。
1974年文化功労者、文化勲章を受章する。
1958年長女・瑤子が三島由紀夫と結婚する。
1969年日展常務理事となり、1974年に日展理事長に就任する。
1976年西ドイツより大功労十字勲章を受章する。
1977年東京国立近代美術館評議員になる。
1991年東京都名誉都民となる。
1956年~1986年『文藝春秋』の表紙画を描く。
1993年逝去。享年84歳。
pagetop