高橋天山 (タカハシ テンザン)

作家についての紹介/履歴

1953年東京で生まれる。
1979年東京造形大学卒業後、油彩画より日本画に転向する。院展常任理事の今野忠一に師事する。
1980年第35回春の院展に初入選する。第65回院展初入選する。
1983年山種美術館賞展に出品する。
1984年初個展開催東京セントラル美術館日本画大賞展に出展する。
1985年「スペインの情景」二人展開催する。
1989年機関誌"いづのめ"表紙絵を現在まで担当する。
1991年両洋の眼・現代の絵画展に招待出品する。
1992年第47回春の院展奨励賞受賞。第77回院展奨励賞受賞。
1993年第48回春の院展春季展賞受賞「謙灯」。第78回院展日本美術院賞・大観賞受賞「ザンスカール」。
1994年郵政省記念切手原画「山寺の秋」制作。
1995年第80回院展日本美術院賞・大観賞受賞「IN THE LIGHT」。
1998年駐英国公使館に「京の朝」制作する。
1999年第84回院展天心記念茨城賞受賞「清夜」。日本美術院同人に推挙される。
2000年芝増上寺天井画を制作する。奈良県立万葉文化館に「山のしずく」制作。
2002年東日本の美展(JR東日本主催)招待出品する。
東京愛宕山グリーンヒルズ曹洞宗萬年山青松寺観音聖堂に天井画「飛天の抄」制作(2003年完成)。
2004年赤坂総理大臣官邸に「清明初虹」(第58回院展出品作)出陳する。
2007年パリ院展(エトワール三越)に源氏物語抄・夕顔を出品。あとりえ天山設立。
2008年雅号を高橋天山とする。
pagetop