田中以知庵 (タナカ イチアン)

作家についての紹介/履歴

1893年東京都で生まれる。
1909年松本楓湖塾の画塾に入門する。
1910年第10回巽画会展、紅児会展にて入選。
1911年第9回美術研精会展にて入選。
1912年咄哉の号を釈宗活師より受ける。
1913年第10回研精会展に出展。
1914年研精会審査員となる。
1946年朝鮮に1年遊学、宗活師より「以知庵」の雅号を受ける。
1951年第1回春陽会展に招客出展。
1929年南画院同人に推挙され、日本南画院同人となる。
1931年この年から雅号を「咄哉州」と改める。
1932年第11回南画院展「山」「海」出展。
1933年第12回南画院展「水精」出展。
1934年読売新聞連載小説、長谷川伸「鼠小僧唱祭」の挿絵執筆。
1935年東京、大阪にて第1回個展開催。
1946年雅号を「以知庵」と改める。
1950年第6回日展にて、初の審査員として出品する。
1958年逝去。
pagetop