中島千波 (ナカジマ チナミ)

作家についての紹介/履歴

1945年長野県生まれ。
1965年東京芸術大学美術学部日本画科に入学。
1969年第54回院展(東京都美術館)に初出品で初入選する。
1970年神奈川県美術展(神奈川県立近代美術館)でK氏賞を受賞する。
1971年東京芸術大学大学院を修了する。
1977年第32回春の院展、第62回院展にて、それぞれ奨励賞受賞。以後数回受賞する。
1979年第5回山種美術館賞展(山種美術館)で優秀賞受賞。
1980年第2回日本秀作美術展(日本橋・高島屋)に選抜出品する。
1984年「横の会」結成に参加。
1988年宮尾登美子作「きのね」(朝日新聞連載小説)の挿絵を制作。
1989年ユーロパリア1989ジャパン現代日本画展に出品する。(ベルギー)
1990年第1回両洋の眼(日本橋・三越)に出品する。
1992年永井路子作「姫の戦国」(日本経済新聞連載小説)の挿詮を制作。
おぶせミュージアム・中島千波館(長野県小布施町)開館する。
1993年諏訪北沢美術館10周年記念・中島千波展(長野県)を開催する。
1994年東京芸術大学美術学部助教授に就任。鎌倉鶴岡八幡宮 斎館貴賓室床の間壁面に孔雀図制作する。
1995年パリ三越エトワールにて「中島千波の世界」パリ展開催する。(朝日新聞社主催)
1996年第1回「目それぞれのかたち展」(日本橋・高島屋)開催する。
伊藤彬・中野嘉之・畠中光享・林功らと共に「目の会」を結成。
1999年中島千波屏風絵展「花と富士」(銀座・松坂屋)を開催。
宮尾本「平家物語」(週刊朝日連載小説)の挿絵制作が始まる。
2000年平家物語「青龍の巻」中島千波挿絵原画展を開催する。(日本橋・高島屋、他6会巡回)
2001年深川不動尊(成田山東京別院深川不動堂)内仏殿格天井の小下図を完成させる。
2013年東京芸術大学美術学部デザイン科教授を退任する。

買取実績

  • 醍醐桜
    2016.06.02
pagetop