中村岳陵 (ナカムラ ガクリョウ)

作家についての紹介/履歴

1890年静岡県で生まれる。 本名は恒吉。
1902年池田孤邨門下の野沢堤雨に入門する。
1904年土佐派の川辺御楯に師事する。日本美術協会展で入選。
1911年同会展で一等褒状を得る。
1912年東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科を首席にて卒業。第6回文部省美術展覧会(文展)で官展初入選。
1914年再興日本美術院第1回展に「緑蔭の饗莚」を出品。
1915年の同・第2回展へは「薄暮」を出品、同年に同院の同人となる。
1914年今村紫紅らと赤耀会を設立、翌年の第2回展から同会の会展にも出品。
1926年日本美術学校教授。
1930年日本画家福田平八郎、山口蓬春、洋画家中川紀元、牧野虎雄らと六潮会を設立。
1937年文展審査員。
1940年法隆寺金堂壁画模写主任。
1947年帝国芸術院会員(同年末日本芸術院)。
1949年日展運営会理事。
1950年日本美術院脱退。
1958年日展常務理事。
1959年大阪四天王寺金堂壁画を製作する。
1961年朝日文化賞、毎日芸術賞受賞。
1962年文化勲章受章、文化功労者。
1969年逝去。
pagetop