橋本関雪 (ハシモト カンセツ)

作家についての紹介/履歴

1883年兵庫県で生まれる。
1900年東宮御慶事記念展覧会で御前揮毫を仰せつかる。
1903年竹内栖鳳の竹杖会に入る。
1906年東京美術研精会主催展覧会で研精賞を受章する。
1909年第3回文展で褒状を受ける。
1910年漢詩集「関雪詩稿」を出版する。第4回文展で褒状を受ける。
1911年第5回文展で褒状を受ける。
1912年第6回文展で褒状を受ける。
1913年初めての中国大陸を遊行する。第7回文展で二等賞を受賞する。
1914年大正博覧会で銀賞を受賞する。
1915年第9回文展で無鑑査出品し二等賞を受賞する。
1916年第10回文展に無鑑査出品し特選となる。
1917年第11回文展で無鑑査出品し特選となる。
1918年第12回文展で無鑑査出品し特選となる。
1923年日本美術展の審査委員を務める。
1924年帝展美術委員に任命される。
1927年海外の美術コレクションを始める。
1930年ボストン美術館へ作品が寄贈される。
1931年シュバリエ・ド・レジョン・ド・ヌール勲章を授与される。
1932年満州国皇帝に「老松鷲の図」を献上する。
1933年第14回帝展出品作品が文部省の買上げとなる。
1934年帝室技芸員に任命される。
1937年帝国芸術院の会員に任命される。
1939年橋本関雪聖戦記念画展で朝日賞を受賞する。
1940年京都建仁寺方丈の襖絵60面を完成させる。
1944年安神宮御鎮座五十年、平安遷都千百五十年奉祝京都市美術展の審査員を務める。
1945年逝去。
pagetop