東山魁夷 (ヒガシヤマ カイイ)

作家についての紹介/履歴

1908年横浜市で生まれる。本名、新吉。
1926年東京美術学校日本画科に入学 。
1929年第10回帝展に「山國の秋」が初入選。
1931年研究科に進み、結城素明に師事。
1933年研究科修了後、第1回日独文化交換学生に選ばれ、ベルリン大学哲学科に留学、美術史を学ぶ。
1937年35年に帰国後、初個展開催。
1939年日本画院第1回展に「冬日(3部作)」を出品、日本画院賞第1席受賞。
1947年第3回日展で「残照」(東京国立近代美術館蔵)が特選を得る。
1956年「光昏」(日本芸術院蔵)により日本芸術院賞を受賞。
1965年日本芸術院会員となる。日展理事に就任。
1968年皇居新宮殿壁画「朝明けの潮」完成。
1969年毎日芸術大賞受賞、文化勲章受賞とともに、文化功労者となる。
1974年日展理事長となる。
1975年唐招提寺障壁画「山雲」「濤声」完成。
1976年ドイツ連邦共和国功労大十字勲章受賞。
1979年東ベルリン、ライプチヒで展覧会開催。
1986年第18回日展に「溪音」を出品。日本芸術院第1部長に選任。作者所蔵の自作品を一括して長野県に寄贈する。
1989年ベルリン・ハンブルグ・ウィーンで展覧会、同帰国記念展(日本経済新聞社主催)を日本橋高島屋で開催。
1990年大嘗祭の大餐の儀に使用された「悠紀地方屏風」制作。長野県信濃美術館・東山魁夷館開館。
1995年米寿記念展を東京・京都・長野にて開催。
1999年逝去。享年90歳。

買取実績

  • 山湖澄む
    2017.03.08
  • 2016.11.22
  • 山嶺湧雲
    2016.10.23
  • 白馬の森
    2016.07.13
  • 山湖澄む
    2017.03.08
  • 2016.11.22
  • 山嶺湧雲
    2016.10.23
  • 白馬の森
    2016.07.13
  • 緑潤う
    2016.07.01
  • 風吹く浜
    2016.07.01
  • 狭霧晴れゆく
    2016.06.02
pagetop