稗田一穂 (ヒエダ カズホ)

作家についての紹介/履歴

1920年和歌山県西牟婁郡田辺町(現・田辺市)で生まれる。
1943年東京美術学校日本画科卒業。卒業制作≪午後≫川端奨学賞受賞。
1948年第1回創造美術展≪花花≫奨励賞受賞。
1951年新制作協会会員となる。第1回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展に出品。
1953年新制作協会日本画部春季展出品作≪奇異鳥≫が国立近代美術館の買上となる。
1965年≪流淵≫、文部省買上優秀美術作品に決まる。
1967年法隆寺金堂壁画再現模写事業に参加する。
1972年東京藝術大学美術学部日本画科教授となる。
1974年創画会を結成、同会会員となる。
1985年和歌山県文化賞および田辺市文化賞受賞。
1988年東京藝術大学を退官、同大学名誉教授となる。
1991年前年の第17回創画展出品作≪月影の道≫により日本藝術院賞・恩賜賞受賞し文化庁買上となる。
1994年女子美術大学大学院教授となる。
1995年勲三等瑞宝章受章。
2001年文化功労者として顕彰される。
現在創画会会員、東京藝術大学名誉教授。
pagetop