福田平八郎 (フクダ ヘイハチロウ)

作家についての紹介/履歴

1892年大分市で生まれる。
1910年京都市立絵画専門学校別科に入学。
1911年京都市立美術工芸学校に入学。卒業制作は同校買い上げとなる。
1918年京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業。
1919年第一回帝展に「雪」が入選。
1921年第三回帝展に出品した「鯉」が特選を受賞宮内省(現・宮内庁)が買上。
1924年帝展の審査員になり、京都市立絵画専門学校助教授に就任。
1930年中村岳陵、山口蓬春らと六潮会に参加。
1932年「漣」を発表。
1936年京都市立絵画専門学校教授となる。
1947年帝国芸術院(同年末日本芸術院)会員。
1948年毎日美術賞受賞。
1949年日展運営会理事となる。
1958年日展常務理事となる。
1961年文化勲章受章、文化功労者。
1969年日展顧問となる。
1974年逝去。従三位追贈。
pagetop