堀 文子 (ホリ フミコ)

作家についての紹介/履歴

1918年東京で生まれる。
1940年女子美術専門学校(現:女子美術大学)卒業。
1952年第2回上村松園賞受賞。
1961年エジプト・ギリシャ・ヨーロッパ・アメリカ・メキシコを巡る。(~'64年)
1972年イタリア・ボローニャの第9回国際絵本原画展で絵本『くるみ割り人形』がグラフィック賞受賞。
1974年多摩美術大学教授となる。(のち客員教授となる。~'99年)
1987年イタリア・アレッツォ郊外にアトリエを持つ。第36回神奈川県文化賞受賞。
1992年イタリア・アレッツォでピエロ・デッラ・フランチェスカ没後500年を記念した堀文子日本画展開催。
1994年堀文子展(愛知・名都美術館)開催。堀文子展(箱根・成川美術館)開催。
1995年アマゾン、メキシコのタコス・マヤ遺跡の取材旅行。
1998年ペルーを取材旅行。
1999年ヒマラヤ山麓を取材旅行。
2004年堀文子展(ニューオータニ美術館)開催。
雑誌『サライ』(小学館)にて「命といふもの」連載開始。
2007年高島屋 堀文子展 -画業70年自然と共に生きて-を開催。(日本橋店・京都店・大阪店・横浜店巡回)
2010年堀文子展 いつくしむ命(神戸御影・香雪美術館)開催。堀文子展(神奈川・平塚市美術館)開催。
2011年堀文子展 華々しい収穫のとき(三重県立美術館、南砺市立福光美術館)開催。
女子美術大学名誉博士号を取得する。
2012年堀文子展-命の不思議-(長野県信濃美術館)開催。-孤高の旅人-堀文子展(山形・酒田市美術館)開催。
2014年福島空港旅客ターミナルビル陶板レリーフ「ユートピア」完成。
2015年堀文子 一所不住・旅展(兵庫県立美術館)開催。
pagetop