前田青頓 (マエダ セイソン)

作家についての紹介/履歴

1885年岐阜県で生まれる。
1901年梶田半古の塾に内弟子として入る。
1902年第12回日本絵画協会・第7回日本美術院連合絵画共進会「金子家忠」3等褒状を受ける。
師半古から「青邨」の雅号をもらう。
1910年国画玉成会幹事となる。この頃、郷里中津川の南林寺格天井に絵を描く。
1914年再興日本美術院の同人に推挙。
1918年大阪高島屋で初の個展開催。日本美術院評議員に選出される。
1922年日本美術院留学生として、西洋美術研究のため小林古径とともに約1年間渡欧し、滞在する。
1930年 「洞窟の頼朝」で第1回朝日賞を受賞。日本美術院経営者に推挙される。
1935年帝国美術院会員となる。
1937年帝国芸術院会員となる。
1944年帝室技芸員となる。
1950年東京藝術大学教授となる。文化財保護委員会専門審議会委員。
1951年東京藝術大学日本画科主任教授に就任。
1955年文化勲章受賞。中津川市名誉市民(第1号)となる。
1959年東京藝術大学日本画科主任教授を定年退職。同大学名誉教授となる。
1966年中津川市に青邨記念館設立。
1967年法隆寺金堂壁画再現事業の総監修に安田靫彦(ゆきひこ)とともに就任。
1970年皇居新宮殿「石橋(しゃっきょう)の間」の壁画として、昭和30年に制作した「石橋」に加筆し、新たにその左右に「紅牡丹」「白牡丹」の二面を制作。
1972年高松塚古墳壁画模写の総監督を委嘱される。
1974年高松塚古墳壁画模写が完成、東京国立博物館にて内覧される。
1977年逝去。享年92歳。
pagetop