牧 進 (マキ ススム)

作家についての紹介/履歴

1936年東京都で生まれる。
1952年川端龍子の内弟子となる。
1957年第29回 青龍社展に初入選する。
1966年川端龍子が逝去し青龍社が解散、無所属となる。
1967年初個展開催、以後個展多数開催。
1975年第3回 山種美術館賞展優秀賞。
1981年ASEAN本部に「愛華麗盛」寄贈する。
1983年ASEAN諸国訪問にあたり「牡丹」がフィリピン政府に、「菖蒲」がマレーシア政府に寄贈。
1984年政府依頼による壁画「梅紅白」をカナダに寄贈。
1985年諸外国との友好親善の功績により外務大臣から表彰される。
1986年外務省の依頼により、パリ日本大使公邸壁画「翔」を制作。
1990年名古屋・御園座の緞帳原画を制作。
1991年歌舞伎座の壁画を制作。
1996年「牧進展」開催。(箱根・芦ノ湖 成川美術館)
2000年外務省の依頼により、オマーン国に「弥生の頃」を寄贈。
2002年伊勢神宮、神楽殿「淑気」を奉納する。
2003年池上本門寺霊寳殿壁画「煌櫻」を制作。
2006年「両洋の眼」展で河北倫明賞を受賞。
2007年NHK主催「画業50年展」を開催。
pagetop