武者小路実篤 (ムシャノコウジ サネアツ)

作家についての紹介/履歴

1885年東京市で生まれる。
1904年学習院高等学科を卒業し、東京帝国大学文科大学哲学科社会学専修に入学。
1907年志賀直哉・正親町公和・木下利玄と文学研究会《十四日会》を作る。
1908年処女作品集『荒野』を自費出版。
1910年志賀直哉、有島武郎、有島生馬、柳宗悦らと『白樺』を創刊。
1911年12月22日、白樺同人からロダンへ浮世絵30枚を送り、その御礼に贈られたブロンズ彫刻3点が届く。
1915年戯曲「その妹」を『白樺』に発表。
1917年『白樺』10月号で、日本最初の西洋近代美術の美術館設立を提唱する。
1918年雑誌『新しき村』を創刊。宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を創設。
1921年「白樺美術館第一回展覧会」を開催。セザンヌ「風景」、ゴッホ「向日葵」等が公開。
自伝小説「或る。男」を『改造』に19回連載。
1929年最初の個展を日本橋・丸善で開催。
神田猿楽町に実篤個人経営の美術品販売と出版の店『日向堂』を開設。
1939年埼玉県入間郡毛呂山町に東の村(新しき村)を創設。
1946年貴族院議員、芸術院会員を辞任。
1948年新しき村を財団法人とし、理事長となる。
志賀直哉、長与善郎、安倍能成らと共に『心』を創刊。
1951年文化勲章を受章。
1963年実篤原作のNHK連続テレビ小説「あかつき」が1年間、放映。
1965年東京都より名誉都民称号を贈られる。
文壇画壇・出版界有志の発起による。満80歳祝賀会が、上野精養軒で開催される。
1971年「或る。老画家」50枚を『新潮』に発表、これが小説としての最後の作品となる。
1974年「蔬菜図」(油彩)を描く、最後の油絵となった。
1976年逝去。享年90歳。

買取実績

  • 無題
    2016.10.01
pagetop