棟方志功 (ムナカタ シコウ)

作家についての紹介/履歴

1903年青森市で生まれる。
1921年ゴッホの「ひまわり」に感動して画家を志し、上京して油彩を学ぶ。
1928年第9回帝展に「雑園」(油絵)を出品し、入選する。
1930年文化学院で美術教師を務める。
1932年日本版画協会会員となる。
1936年国画会展出品の「大和し美し」が契機で、柳宗悦や河井寛次郎らの民芸運動の人々と知り合い、以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼすことになる。
1938年「善知鳥(うとう)」を文展に出品、特選受賞。
1939年「釈迦十大弟子」を制作。
1945年富山県南砺市(旧福光町)に疎開し、東京空襲で板木の多くを焼失する。
1952年南砺市より東京へ戻る。
1952年スイスのルガノ国際版画展で優秀賞受賞。
1955年サンパウロ・ビエンナーレで版画部門最高賞を受賞。
1956年ヴェネチア・ビエンナーレで日本人初の国際版画大賞を受賞し「世界のムナカタ」の地位を確立する。
1965年イタリア芸術院名誉会員となる。
1969年青森市から初代名誉市民賞を授与される。
1970年文化勲章を受章。文化功労者として顕彰される。
1975年逝去。贈従三位。青森市に棟方志功記念館が開館。
pagetop