望月春江 (モチヅキ シュンコウ)

作家についての紹介/履歴

1893年山梨県に生まれる。
1913年実践女子専門学校(現在の実践女子大学)の講師となる。
1919年東京美術学校日本画科同科を首席で卒業する。
結城素明に師事。文部省大臣官房図書課の嘱託となる。
1920年東京女子高等師範学校(現在のお茶の水女子大学)の講師(後に同校の教授)となる。
1921年第三回帝展で《春に生きんとす》が初入選。
1937年山梨美術協会の結成に参加し創立会員となる。
1929年第十回帝展において《明るきかぐのこの実》が特選となる。
1938年川崎小虎や穴山勝堂らと日本画院を創立。
1958年第十三回日展に出品した《蓮》により日本芸術院賞を受賞。
1967年東京純心女子短期大学(現在の東京純心女子大学)の教授となる。
1971年勲四等旭日小綬章を受章。
1975年山梨県特別文化功労者。
1977年山梨県政特別功績者。 
1978年紺綬褒章を受章。
1979年逝去。「望月春江展」開催。
2013年「富士の国やまなし国文祭記念事業 望月春江とその時代展」開催。
pagetop