山口蓬春 (ヤマグチ ホウシュン)

作家についての紹介/履歴

1893年北海道松前で生まれる。
1914年東京美術学校西洋画科入学。
1916年第3回二科展に初入選。
1918年日本画科に転じて松岡映丘に師事。
1923年首席にて卒業する。
1924年松岡映丘主宰の新興大和絵会に参加。第5回帝展で「秋二題」が初入選。
1926年第7回帝展で「三熊野の那智の御山」が特選、帝国美術院賞を受賞、宮内庁買上となる。
1927年第8回帝展で「緑庭」が特選となる。
1929年帝国美術学校教授となる。
1930年福田平八郎、中村岳陵、木村荘八らと六潮会を結成する。
1935年松岡映丘らの国画院創立に参加し同人となる、同年に辞退。
1950年日本芸術院会員となる。
1954年日展理事となる。
1965年文化勲章受章。
1968年皇居新宮殿杉戸絵「楓」を完成させる。
1971年逝去。享年77歳。
pagetop