横山 操 (ヨコヤマ ミサオ)

作家についての紹介/履歴

1920年新潟県で生まれる。
1934年洋画家を志して上京。光風会会員の石川雅山宅に寄宿する。
1938年第25回光風会展にて、油彩画「街裏」が入選。雅山の勧めで日本画に転向。
1940年第12回青龍展にて「隅田河岸」が入選。川端龍子に出会う。応召される。
1954年第26回青龍展にて「変電塔」が奨励賞を受賞。社友に推挙される。
1956年第28回青龍展にて「炎炎桜島」が青龍賞を受賞。
1959年加山又造、石本正と轟会展を開催する。第5回日本国際美術展で「峡」が優秀賞を受賞。
1962年第5回現代日本美術展に「ウォール街」を出品する。青龍社を脱退する。
1966年多摩美術大学にて日本画科教授となる。
1973年逝去。享年53歳。
pagetop