浅井 忠 (アサイ チュウ)

作家についての紹介/履歴

1856年江戸の佐倉藩中屋敷で藩の要職を務める父のもとに生まれる。
1873年上京。
1875年彰技堂にて国沢新九郎の指導のもと、油絵を学ぶ。
1876年工部美術学校に入学。
1895年第4回内国勧業博覧会に出品し、妙技二等賞受賞。
1898年東京美術学校(現在の東京芸術大学)の教授となる。
1900年フランスへ留学。
1902年帰国。京都高等工芸学校(現在の京都工芸繊維大学)教授となる。
1903年聖護院洋画研究所(1906年に関西美術院)を開く。安井曽太郎、梅原龍三郎らを輩出する。
1907年逝去。
pagetop