糸園和三郎 (イトゾノ ワサブロウ)

作家についての紹介/履歴

1911(明治44)年大分県中津町(現・中津市)にて生まれる。
1927(昭和2)年上京し、川端画学校に学ぶ。
1929(昭和4)年写実研究所に学ぶ。
1930(昭和5)年第4回協会展に「人物」初入選。
第8回春陽会展に「赤い百合」「上井草」が初入選。
1931(昭和6)年第1回独立美術協会展に初入選。
独立美術研究所に通い、塚原清一、高松甚二郎、山本正と四軌会を結成。
1939(昭和14)年福沢一郎らと美術文化協会の結成に参加。
1943(昭和18)年井上長三郎、靉光、鶴岡政男、寺田政明、大野五郎、松本竣介、麻生三郎と8人で新人画会を結成。
1946(昭和21)年日本美術会創立に参加。
1947(昭和22)年美術文化協会を退会し、新人画会のメンバーと自由美術家協会に参加。
1968(昭和43)年第8回現代日本美術展「黒い水」「黄いろい水」を出品し、「黄いろい水」でK氏賞を受賞。
1972(昭和47)年「戦後日本美術の展開—具象表現の変貌展」(東京国立近代美術館)開催。
1976(昭和51)年『糸園和三郎画集』が求龍堂から刊行。
1978(昭和53)年北九州市立美術館、大分県立芸術会館にて糸園和三郎展開催。
1990(平成2)年名古屋市美術館にて「日本のシュールレアリスム1925—1945展」開催。
1991(平成3)年宮城県美術館にて「昭和の絵画第3部 戦後美術—その再生と展開展」開催。
1995(平成7)年大分県立芸術会館にて「糸園和三郎とその時代展」が開催。
2001(平成13)年逝去。享年89歳。
2003(平成15)年『糸園和三郎追悼文集』刊行。
pagetop