伊藤清永 (イトウ キヨナガ)

作家についての紹介/履歴

1911年(明44)兵庫県出石町に生まれる。
1928年(昭3)岡田三郎助門下生となり本郷研究所に通う。
1931年(昭6)槐樹杜展にて「祐天寺風景」入選。
1933年(昭8)第14回帝展に「朝の路次」初出品し初入選する。
1934年(昭9)第15回帝展に「秋光」出品。
1935年(昭1O)東京美術学校油絵科卒業。
1936年(昭11)文部省美術展に「磯人」出品し、選奨(特選)を受賞。
1947年(昭22)兵庫県立出石高等女学校図画教員嘱託となる。
第3回日展に「I夫人像」出品し、特選を受賞。
1948年(昭23)第4回日展「室内」出品し特選を受賞。
1962年(昭37)渡欧し、オランダ国立美術学校で制作。
1977年(昭52)「曙光」日本芸術院恩賜賞受賞(文化庁買い上げ)。
日展理事に就任する。
1986年(昭61)白日会会長となる。
1987年(昭62)兵庫県出石町主催「現代洋画壇の重鎮・伊藤清永展」を開催。
1989年(平元)出石町立伊藤美術館開館、同町名誉町民となる。
生家吉祥寺の山門落成、本堂天井画「飛天」「風神雷神」を奉納。
兵庫県文化賞受賞。
1991年(平3)文化功労者に顕彰される。
日展顧問となる。
1996年(平8)式年遷宮記念神宮美術館企画運営委員会委員となる。
文化勲章受章、代表して陛下にお礼言上。
1997年(平9)読売新聞社主催「鮮麗なる裸婦の輝き伊藤清永展一文化勲章受章を記念して」を開催。
「伊藤清永賞子ども絵画展」創設。
2001年(平13)卒寿記念「伊藤清永展」巡回展を開催。
2001年(平13)逝去。享年90歳。
pagetop