猪熊弦一郎 (イノクマ ゲンイチロウ)

作家についての紹介/履歴

1902年香川県高松市生まれ。
1922年東京美術学校(現 東京藝術大学)に入学。藤島武二教室にて学ぶ。
1926年帝国美術院第7回美術展覧会にて初入選。
以後、第10回、第14回で特選となる。
1936年伊勢正義、内田巖、小磯良平、佐藤敬、三田康、中西利雄、脇田和、鈴木誠と新制作派協会(現 新制作協会)を結成。
1938年フランスに遊学(1940年まで)。アンリ・マティスに学ぶ。
1948年『小説新潮』の表紙絵を描く(1987年まで)。
1950年三越の包装紙「華ひらく」をデザインする。
1951年国鉄上野駅(現 JR東日本上野駅)の大壁画《自由》を制作。
1955年ニューヨークにて約20年間制作する。
1991年丸亀市猪熊弦一郎現代美術館開館。
1993年逝去。享年90歳。
pagetop