浮田克躬 (ウキタ カツミ)

作家についての紹介/履歴

1930(昭和5)年東京都杉並区に生まれる。
1950(昭和25)年東京美術学校油画科(東京芸大)卒業。
安井曾太郎に師事する。
新制作派協会第4回展にて『集荷場』が初入選。
1954(昭和29)年田崎廣助に師事する。第16回一水会展に『教会』が初入選(以後連続出品)。
1957(昭和32)年第13回日展に『山手の路地』を出品し初入選(以後連続出品)。
1958(昭和33)年第20回一水会展で『場末の河』などで安井激励賞。
第1回新日展で『丘の工場』が特選を受賞。
1961(昭和36)年日本橋の造形ギャラリーにて初の個展を開催。
1964(昭和39)年第26回一水会展で『龍飛岬』が会員佳作賞。
1965(昭和40)年第27回で『冬』が会員優賞。
1967(昭和42)年日展で『サンマルタン水路』で特選。
1968(昭和43)年『バスティユの冬』で第3回昭和会賞。
1979(昭和53)年ブラジル政府よりコメンダドール・オフィシャル章受章。
1981(昭和56)年日展『シシリーの家』が会員賞受賞。
1986(昭和61)年『城砦の島』により第4回宮本三郎記念賞。
1988(昭和63)年日展『海風の館』で展内閣総理大臣賞。
1989(昭和64)年逝去。享年59歳。
pagetop